So-net無料ブログ作成
検索選択
製作工程など ブログトップ

amaz○nを検索? amazEonではありませんか? [製作工程など]

amaz○n?(一部伏字にさせていただきます。(*_ _) ) 

いいえ、amazEonです。間違いありません。(`・ω・´)

アマジオンは、この通り、ジオン公国お墨つきの超大手物流サービスです。

pm-az-a.jpg

そのネットワークを生かし、ウチのマッドあんぐら~隊へ、荷物や補給物資が届きます。通常配送料が無料というのが、大きな魅力ですね。

と、いうわけで、amazEonなのですが。(^_^; 
みなさんの反応が嬉しく、また、今までは適当に作っていたので恥ずかしくなりw、1度キッチリ作りました。

  ハイ! 青ズゴさん、受け取って♪

  青ズゴ: 「お?おぉおぉぉっ!  Σ( ̄ロ ̄;)!?」

pm-az-c.jpg


ん~、満足[るんるん] (〃▽〃)  いっぱい作って満足しましたw (´▽`*)アハハ

で、しばらく眺めていると・・・!もう1小道具イケル!ということに気がつき、

修正してやる! と、作ったのがこちら。
プラモデルの箱。うん、小道具に使えますね。

pm-az-b.jpg

でも、本命はこちら。↓

pm-az-d.jpg

えぇ、ティッシュBOXです♪ 大佐の物は、プレミアムパルプ300%

pm-az-e.jpg

私が幽霊部員のサークルSDガンダム作ろう会にもなにか・・・と、CM入りのBOXも作りましたぞ。

pm-az-f.jpg
pm-az-g.jpg

これを、夢の国アキバで、ティッシュ配りのメイドさんに配っていただく。(*´ω`*)
っていうのは、どうですかね、かずっちゃオーナーに会員のみなさん♪
大量生産しておきますぞ。( *´艸`)クスクス


用語解説:
amazEon:ジオンが誇る、物流サービスシステム
        A→ZまでのZには、ジオングも含まれます。
        (納品場所、パイロットの確保できる方に限る)

メイドさん:想像上の生き物。夢の国では実在するとか?
       ・・・いつの日か、私にも確認できる日がくるかしらね。
       どなたかご一緒しません?
       ほら、作法とか流儀とか派閥とかがわからないもので。(^^ゞ
       

製作工程:
一応、ウチは模型ブログですからね、ご紹介します。
まぁ・・・小道具ですし、紙なんですがw ゾックさんの持っている形が展開図です。
pm-az-h.jpg
これね、大きな声では言えませんが、なんと!生地は本物ですぞ!
ダンボールの質感をどうしたものか・・・と考えたものの、面倒になり、ヾ(ーー )ォィ
本物を使ってあります。amaz○nさん(一部伏字)から来た配送用の箱です。
底に敷いてある紙がA4サイズで、しかも無地だったので便利でした。

ダンボールを水に浸すと、簡単に3枚に分かれます。それを乾かし、アイロンがけしw プリンターで印刷(*自己責任で)しております。
図面は無料のCAD使用。後は、ハサミでチョキチョキし、組み立てるだけ。
色付きの箱は、光沢の質感を狙い、写真用紙で印刷してみました。
amazEon.JPG

今回の箱作り・・・色々と小道具に応用できて、結構利用価値があるぞ・・・
と、ほくそ笑むブログ主でした。 
お付き合いいただき、ありがとうございました♪ ( ^‐^)_且~~
水陸両用カニさん TOPへ    SDガンダム作ろう会
水陸両用カニさんの隠れ家は「SDガンダム作ろう会」 を俄然応援しています。

SD BBザクさん 製作 [製作工程など]

ウチは本来、模型復帰ブログです。
みなさんのコメントが嬉しくて、すっかり方向性を見失ってますが 
(;^_^A フキフキ 
たまには、真面目に制作記事を書いてみましょう。
プラ妄想のファンの方は、スルー推奨です。
 (そんな方いるのか ヾ( ̄o ̄;) ォィォィッ)

SD BBザク とりあえず、素組みの状態でございます。
zaku-s1.jpg

素晴らしいキットです。
 スタイル、成型色、可動、付属武器類、価格と 文句ないです。
私は、ネット上でこのモデルのデキに驚いて、SDを作ることにしたのですが、
ようやくキットが手に入りました。(〃▽〃)

いつも通りスジ彫りして、ディテール感を上げてみます。
専用のケガキ針が各社からでていますが、私は復帰組、たいした道具は持っていませんのでデザインナイフ、押しピンw、コンパス、Pカッター、それに紙やすりで作業です。

「ディテール感を上げる」とは? 下は「手」の部分の画像ですが、
ナイフで切りこんで溝を深く、ディテールのダルさを減らしています。左から、キットのまま→ナイフで溝彫り→紙やすりで表面を慣らして部分塗装 です。この後、溝に墨入れしていきます。

pani-te.jpg
コレを全身に施します。溝を深くし、パーツが分割しているように見せ、墨入れが際立つように。
私の方向性は、リアルさの追求ではなく カッコかわいさですので、
毎回オーバースケールで、おおげさですが気にしません (・ω・;)

模型製作は、どうしてもつまらない記事になるので、後、もう1つだけ。モノアイについて。ウチのSDについている目「モノアイ」は、主にウェーブ社のHアイズという製品です。これの裏側に銀色の粘着反射テープ(ラピーテープ等)を貼って光の反射率を上げています。 

左から
デコシール、Hアイズ、Hアイズ+反射テープ、デコ+モノアイカバー、モノアイカバー自作版wです。
h-eyes.jpg

モノアイカバーは厚みが薄くてカッコ良く、大佐と青ズゴには、もちろん使わせていただきましたが コレ1つが100円以上するので、実売¥400円を切るSDに今後も使うのはちょっと・・・ 
で、ホームセンターでアルミの丸棒を買ってきて自作を検討中ですが・・・イマイチでしたw (^_^;
SDにはピンクのモノアイシールがついていますが、この、Hアイズはガンプラに命を吹き込む簡単魔法といえます。模型が上手くなった?と錯覚するような、抜群の効果がありますよ。
↓ 青ズゴさんの顔面UPです。レール部をくりぬいて、モノアイを埋め込んであります。中心より上目、ちょっと悪い感じをを狙っています
画像 091.jpg

サイズが合えば、100均で手に入る、携帯のデコメシールやネイル用のものも使えます。これらは、最初から反射材と両面テープが貼ってあるので、貼り付けるだけで楽チンです。
おじさんが買うのは、かなり勇気がいりますけどね (;^_^A フキフキ 


私は復帰組、人に教えるほどの技術も才もありませんが、お読みになったどなたかの製作ヒントになれば幸いです。ネット上には、それこそ、「神」レベルの作品があふれ、私など下の下ですが、15年ぶりの模型、楽しく作っています。現在のプラモは手間をかけず、そのまま組むだけでも十分です。楽しいですよ~(〃▽〃)

駆け足説明でしたが、製作記事、お読みいただきありがとうございました。
 (^-^)/~~~
PURAMOUSOU-S.jpg

合わせ目消し φ(._. )カキカキ [製作工程など]

ちょっと仕事に追われ気味・・・製作ペースが落ちております (;^_^A フキフキ
そんなわけで、製作工程第2弾、合わせ目消しのお話です。

ガンプラの合わせ目は、実際にある兵器の場合の、パーツの継ぎ目だ[exclamation×2]という解釈も、「アリ」 だと思います。

MGなんかはその変が素晴らしいですね。見事に処理されていて、新しいものほど、合わせ目ほとんどなし、あっても武器程度、になってます。[わーい(嬉しい顔)]最近のガンプラには接着材なんか不要で、カッチリ、ピッタリ組みあがっていきますが、ファーストガンプラ世代としては、弁当に入ってるソースみたいな、袋入りの接着剤が懐かしいところです。(^^;

ですが、私が最近気に入ってるSDガンダムだと、古いキットもあるので、
合わせ目なんか普通に目立つところにあります。[たらーっ(汗)]
しかも、小さくて処理しにくいし、愛嬌で? ちょっとズレてたりする (T-T)
そうするとやっぱり目立つので、処理したくなります。コレを消すと、おもちゃチックでなくなりますし。

まずは、接続ピンを半分斜めに切ってしまいます。
全部切ってしまうと仮組みしにくくなりますので注意です。φ(・ω・ )
画像 021.jpg
コレの目的は、仮組したあと、外しやすくするため。
なぜ、組んで、わざわざ外す必要があるかというと、干渉部やパーツの「合い」をチェックする
というのが主な理由です。

問題なければ、パーツ両面に接着材塗布し、パーツをわずかに溶かします。
普通に手に入るプラモ接着剤と言ったらやっぱり  タミヤセメント ですかね。
画像 023.jpg
ちょっと置いたら、もう一度片面に塗り、接着します。
面倒ですが、こうすることで、溶けたプラが成型色パテと同じ効果を持つわけです。

で、グッと接着。クリップ等で押さえときます。
すると、ムニっ[るんるん]と接着材で溶けたプラが表に押し出されます。
汚いです。 ァタフタo(゚д゚)o(;゚д゚)o(;゚д゚)oァタフタ
画像 022.jpg
コレを嫌って、昔は最小限の接着材量を、外側にはみ出さない様に塗布したものです(^-^;
でも、それでは、ダメなんです。ムニっ[るんるん]と行きます。

で、乾燥したらいよいよ継ぎ目消しです。(内部まで乾くには最低1日以上、2日かかるかな)

いきなりヤスリでも良いのでしょうが、面倒なので、まずは、デザインナイフで行きます。
刃を、やや立てて、大工さんのカンナのように、ケズリます。新しい刃でやれば、簡単に削れてくれます。
画像 024.jpg画像 026.jpg

平滑になったら、(爪で引っかかりを感じない程度)以前の記事、ゲート処理と同じです。
紙ヤスリで400番位から順番に仕上げていきます。
画像 027.jpg
400番を掛けると画像のように、むしろ汚くなりますが、順を追って仕上げていくことで綺麗になります。
[右斜め下]1000番程度仕上げ
画像 031.jpg画像 030.jpg
上の画像を見ると合わせ目のラインがまだ見えますが、塗装するなら完全に消えますし、この後、更に1500~2000番を掛けることで目立たなく、それを省いても、トップコートスプレーで気にならなくなります。

以上が、合わせ目消し です。

私のように成型色を生かして、極力塗りたくない場合、この合わせ目処理をしっかりやると
完成したときの「デキ」が違います。塗る場合でも、合わせ目が残ったままだと「おもちゃ」チックな感じがします。
パーツの継ぎ目だ! というのも 良いですけど。

うん・・・・まぁ・・・結局は自己満足の世界ですけどね・・・(; ^^)。コソコソ

こんな面倒なことしなくたって、普通にカッコいいガンプラが手に入るんですよ、今は。
ただ組むだけでも、満足できるレベルのものがいっぱいです。
どんどん ガンプラ出戻り組が増えますように。 (〃^-^)φ

ゲート処理 [製作工程など]

たまには模型製作の話を真面目に   φ(・ω・ )カキカキ・・・

ココでは、製作工程などは、書いてもつまらないので、あまりUPしないつもりだったのですが・・・・
友人がガンプラに興味を持ってくれたので、ちょっと書いてみます。
そもそも私に、人に教えるほどの技量はないんですけど。(´_`。)グスン

まぁ、簡単なところを・・・少しは誰かの参考になるっ!・・・と思う[わーい(嬉しい顔)]

 (((^^;) まずは、パーツ切り放しから~
画像 020.jpg

ランナーから余裕を見てニッパーで切り離します。「余裕」は、いきなり、パーツギリギリを切ると、目的のパーツが傷ついたり、えぐれたりするのを防ぐためです。
画像 023.jpg
私のように成型色を生かした簡単仕上げで作る場合、パーツの傷は致命的です。
補修のために、パテ盛っちゃうと、結局、色を塗ることになるので。
アッガイ君製作で使った「成形色パテ」も、面倒なので、できるだけ使いたくないですし。

次に、「デザインナイフ」で綺麗に切り取ります。
デザインナイフはホームセンターで買えるやつ(オルファ社とか)で十分かと。類似品は100均にもありました。
このナイフは切り出す用途以外にも色々使い道があるので模型作りの必需品です。

刃がガタつくことなくしっかり固定!が売りのナイフなので、カッターナイフのように刃先がブレず、
繊細な作業ができます。替刃30枚とかついてて実売400円~位?カッティングシートなどを切るのにも最適です。
62.jpg
で、このナイフで最小限の傷でパーツを切り離すわけですが、それでも切った所はプラが白化します。
画像 025.jpg

そこを、今度はヤスリ掛け(紙)です。ヤスリは均一にかかるよう、両面テープで平らな物に貼って使っています。
画像 026.jpg

400→600→ 800→1000

と掛けていくと、かなり目立たなくなります。
画像 027.jpg
このあと、塗装をする場合、これでOKですが、しない場合は更に1500番~台で平滑にします。
(接着する予定のパーツであれば、継ぎ目消しの時に処理することになりますので、800程度で十分です)

他にも、切ってもないのに目立つ跡、 「パーティングライン」の処理があります。
プラモは、「たい焼き」 みたいに金型を合わせて作られるので、部分的にパーツに線が入っています。
ザク系のチューブみたいな1体成形ものによく見られますね。
画像 023.jpg
これも、ヤスリ掛けで消しておきます。

以上が、組む前段階、
ゲート処理」と言われるものです。

別にそんなのいいじゃん!と言ってしまえばそれまでですが、より「おもちゃ」らしさを消し、作品のクオリティを上げるには有効な方法だと思います。

この段階で、達人は更に、パーツ成型時に出来た「ヒケ」と呼ばれるわずかな歪み、微妙な凹凸をパテ成型するみたいですね。特に「ツヤあり」で仕上げる場合、わずかな歪みが光をあてると目立ちますものね。
車(実車)にできた飛び石の窪みが、ワックスをかけても目立つみたいなもの、という感じでしょうか。
画像 024.jpg

パーツ表面全てを軽くヤスリ掛けし、小さな「ヒケ」を目立たなく、までは私もやるのですが、
それなり」にヤスリをかけて、大きいのは気にしません!それが一番!面倒になってプラモ作り投げるより、組むことが大事!

あ・・・だから、私、模型が上手くならないのかしら? (x_x)☆\(^^;) !!
製作工程など ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。